不安障害の症状は?


不安障害の症状は、一体どのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク


社会不安障害・・・外食、人と目が合う、知らない人に会うなど、普通の人はあまり緊張や不安を感じないような時にでも、強い緊張と不安を感じ、動悸、手足の震え、発汗、赤面、話せなくなるといった症状が起こります。


全般性不安障害・・・人によって不安を感じる要因は様々で、頭痛、めまい、そわそわして落ち着かない、吐き気やのどのつかえなど、色々な症状が出ます。

注意力が散漫になる、イライラする、不眠、疲れやすさのような症状が出ることもあるでしょう。


強迫性障害・・・あまり気にならなくてもいいような事が、どうしても気になり、自分の気が済むように行動せずにはいられなくなります。

ゴミのようなものを捨てられずに溜め込んでしまったり、四や十三などの数字を極度に避けたり、繰り返したりするなど、人によって症状が異なります。

スポンサードリンク

急性ストレス障害・・・恐ろしい体験をした直後から、本人の意思とは無関係に頭の中で恐ろしい体験が何度も繰り返されるのです。

感覚が麻痺してしまったり、現実感がなくなってしまって、注意力が散漫になったりといった症状が起こります。
また、そうした体験の記憶を喪失することもあるでしょう。


外傷後ストレス障害(PTSD)・・・強い恐怖や無力感を味わうような体験をした後で、急性ストレス障害のような症状が一ヶ月以上の長期間、継続して現れる事。


パニック障害・・・強烈な恐怖や不快感から突然発作が起こり、動悸、窒息感、震え、気が遠くなる、発汗、めまい、吐き気などの症状がでるのです。

パニック発作は10分以内に症状がピークに達し、30分以内に治まることが多いです。
このまま死んでしまうかもと感じる発作が、何度も繰り返し前触れなく起こってしまうのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子供の社会不安障害
子供の社会不安障害は、別の病気と思われることもしばしばです。 例えば、この子は......
不安障害とは?
不安障害とは、どういった症状をいうのでしょうか? 不安障害とは、実際の状況には......
不安障害の克服法は?
不安障害の克服法として、今様々な方法が考案されているようですね。 認知行動療法......
不安障害の治療について
ここでは不安障害の治療についてお話していきたいと思います。 不安障害の治療で最......
不安障害の薬の種類
不安障害の薬の種類は、大きく分けて2種類あります。 それは、抗不安薬と抗うつ薬......

▲このページのトップへ


深い 深い 眠りを…

原因は枕にあるのかも?
研究されつくした素材と形
ぐっすり朝まで眠れる枕はコレ





HOME

携帯版のQRコード

うつ病と不安障害を克服する:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://just2blog.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。