不安障害の治療について


ここでは不安障害の治療についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

不安障害の治療で最も一般的なのが、投薬による薬物療法です。

薬物療法にカウンセリングを併せると、さらに治療効果が上がると言われています。

お薬で症状を緩和して、カウンセリングでお薬がなくても不安障害の症状がでないようにしていくという感じですね。

不安障害の治療は長引くこともありますが、決して治らない病気ではないのです。

一人で悩んでいると、ますます症状が悪化してしまう事もありますので、勇気を治療してみましょう。

医師ではなく、不安障害の治療を得意としているカウンセラーに相談してみるのも、人によっては劇的な効果があるんです。

不安障害の患者本人だけでなく、家族も一緒にカウンセリングを受けるようにすると、更に効果が期待できるようですね。

治したいという気持ちが強い人には、森田療法もいいでしょう。

他の治療法に比べると厳しい療法なので、それ相当の覚悟が必要だとは思いますが、治った人もたくさんいるのです。

スポンサードリンク

ただ、合う合わないの個人差があり治療法です。

不安障害はこのまま一生治らないのではという不安や恐怖が付きまといますから、自分と同じ症状を克服した経験を生かしてカウンセラーをしている人に治療を依頼すると、治療に積極的になれるかもしれません。

不安障害には、認知療法や認知行動療法、自己催眠療法など、様々な治療法があります。

どの治療法がその人にとって一番いいのかは個人差がありますので、自分に合った方法を探すしかないのです。

医師やカウンセラーとの相性もありますから、合わないと思った時には、違う人に治療を依頼してみることです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子供の社会不安障害
子供の社会不安障害は、別の病気と思われることもしばしばです。 例えば、この子は......
不安障害とは?
不安障害とは、どういった症状をいうのでしょうか? 不安障害とは、実際の状況には......
不安障害の克服法は?
不安障害の克服法として、今様々な方法が考案されているようですね。 認知行動療法......
不安障害の症状は?
不安障害の症状は、一体どのようなものなのでしょうか? 社会不安障害・・・外食、......
不安障害の薬の種類
不安障害の薬の種類は、大きく分けて2種類あります。 それは、抗不安薬と抗うつ薬......

▲このページのトップへ


深い 深い 眠りを…

原因は枕にあるのかも?
研究されつくした素材と形
ぐっすり朝まで眠れる枕はコレ





HOME

携帯版のQRコード

うつ病と不安障害を克服する:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://just2blog.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。