不安障害とは?


不安障害とは、どういった症状をいうのでしょうか?

スポンサードリンク

不安障害とは、実際の状況にはそぐわないほど不安に感じる気持ちが強く、不安な気持ちが日常生活に支障をきたしてしまうほど、度々、もしくは、長い間、起こってしまうという精神病疾患の総称の事を言います。

以前は、神経症やノイローゼなどと呼ばれていました。

不安障害は、大きく分けると、社会不安障害、全般性不安障害、強迫性障害、急性ストレス障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、パニック障害に分けられます。

社会不安障害は、以前は対人恐怖症と呼ばれていて、日常生活に支障をきたすほどの極度のあがり症のような症状です。

全般性不安障害は、様々な事に訳もなく不安を感じる状態が長引き、日常生活を送れなくなるのです。

全般性不安障害は、アメリカでは二十人に一人くらいの割合でかかっているといわれるほど、一般的な精神病疾患なのです。

女性の方がかかりやすく、十代で発症することだってあるのです。

スポンサードリンク

強迫性障害は、鍵をちゃんとかけたか不安になり、確かめに行かずにいられないことが頻繁に起こるなど、何かが急に不安でたまらなくなり、不快になったり(強迫観念)します。

その気持ちをどうにかする為に、何かしないではいられない(強迫観念)のが特徴なのです。

手が汚い気がして、長時間洗い続けたり、何度も洗ったりしないと気がすまない、自分が決めた通りに物が並んでいないと気がすまないなど・・・。
これらは、本人以外にはなかなか理解の出来ない事が多いのではないでしょうか?

急性ストレス障害は、トラウマになるような出来事が原因で、数時間から数日の間に不眠やフラッシュバックが起こり、一ヶ月以内に治まる症状をいうのです。

一ヶ月以内に治まらない場合は、外傷後ストレス障害(PTSD)と呼ばれていますが、外傷後ストレス障害(PTSD)は半年以上経ってから症状が現れることもあるんです。

パニック障害は、突然、パニック発作と呼ばれる発作が起こります。

その発作の症状と、また発作を起こすのではないかと不安から日常生活を送るのが困難になる病気なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子供の社会不安障害
子供の社会不安障害は、別の病気と思われることもしばしばです。 例えば、この子は......
不安障害の克服法は?
不安障害の克服法として、今様々な方法が考案されているようですね。 認知行動療法......
不安障害の治療について
ここでは不安障害の治療についてお話していきたいと思います。 不安障害の治療で最......
不安障害の症状は?
不安障害の症状は、一体どのようなものなのでしょうか? 社会不安障害・・・外食、......
不安障害の薬の種類
不安障害の薬の種類は、大きく分けて2種類あります。 それは、抗不安薬と抗うつ薬......

▲このページのトップへ


深い 深い 眠りを…

原因は枕にあるのかも?
研究されつくした素材と形
ぐっすり朝まで眠れる枕はコレ





HOME

携帯版のQRコード

うつ病と不安障害を克服する:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://just2blog.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。