うつ病の薬は?


近年、うつ病で悩まされている方が増えていると聞きます。

スポンサードリンク

精神科や心療内科に通い治療をされている方も多いと思いますが、そこで処方される、うつ病の薬とはどんなものがあるのでしょうか?

神経の働きを活発にするドパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの量の調節が、抗うつ薬の働きです。

抗うつ剤は、たくさん挙げられますが、他の病気の薬と同じように、海外では幅広く使われていても日本では認められていない、というものも多くあるようです。

うつ病患者は、ビタミンB群が不足していると言われていることもあり、最近では、抗うつ剤とビタミンBの併用も増えています。


・モノアミン酸化酵素阻害薬【MAO阻害薬】
・三環系抗うつ薬【TCA】
・四環系抗うつ薬
・トリアゾロピリジン系抗うつ薬【SARI】
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬【SSRI】
・セロトニン・ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)再取り込み阻害薬【SNRI】

スポンサードリンク

などが現在の日本でよく使われている抗うつ剤です。

当然のことですが、抗うつ剤は、他の薬と同様に副作用の恐れがあります。

近年、前向きに生きる気分を持とうと「ハッピードラッグ」と名づけて抗うつ剤を服用する例が増えているようです。

しかし、これはとても危険な行為なんです。

薬の服用は、必ず医師の診断の元で行いましょう。

抗うつ剤以外の薬を服用している場合や服用していなくても持病がある場合も、必ず処方前に医師に相談するようにして下さい。

個人の判断で服用してしまうと、悪化してしまう恐れがあります。

また、薬の飲みすぎ(量が多すぎ)で、うつ病が長引いている、症状が悪化しているというケースが最近どうも増えているようなんです。

あまりにも多くの薬を処方されたり、症状がよくならない場合には、思い切って別の病院に行ってみることも一つの解決方法だと思いますよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

うつ病チェックについて
現代社会はストレス社会とも言われています。 そんな時代にうつ病という病気で苦し......
うつ病とは
近年、うつ病という言葉をよく耳にするようになりました。 ではそのうつ病とはどう......
うつ病治療とは?
近年、うつ病という病気が蔓延しているように感じます。 この病気は治る病気です。......
うつ病症状とは?
うつ病という言葉をよく耳にしますが、実際どれだけの人が、このうつ病のことを正し......
うつ病病院は?
うつ病は「こころの風邪」とも言われていますが、甘く考えてはいけません。 うつ病......
うつ病の友人
うつ病の友達  小さい頃からずっと付き合って来て、心からの親友のとある友人から、......
うつ病の人との接し方
うつ病の人との接し方  いつも明るくて、周囲に気を遣っていて、勉強もできて仕事も......

▲このページのトップへ


深い 深い 眠りを…

原因は枕にあるのかも?
研究されつくした素材と形
ぐっすり朝まで眠れる枕はコレ





HOME

携帯版のQRコード

うつ病と不安障害を克服する:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://just2blog.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。